会員制リゾートクラブをもっと楽しく、もっと身近に。
アスレ株式会社 TEL 0575-20-2033 ・メール:info@e-asre.com
(Home Office) 〒501-3203岐阜県関市神野116
(社)全日本不動産協会会員 岐阜県知事(1)第4567号, (社)日本リゾートクラブ協会賛助会員
トップページへ
客室図面
リゾート会員権マーケット

つぶやく

施設一覧
3D画像集
エクシブ&サンメンバーズ掲示板
オフィシャルサイトへ
リゾートホテル利用規定
よくある質問と回答
リゾートアルバム
お問い合わせ
トップページ > サンメンバーズホリデークラブとは

 

サンメンバーズホリデークラブとは

サンメンバーズの会員権はリゾート会員権マーケットに出品されています

●サンメンバーズホリデークラブとは ※預託制(所有権は付きません)


会員制リゾート業界最大手のリゾートトラスト株式会社(当時の社名はの宝塚エンタープライズ株式会社)が
初めて発売した会員権。会社設立後約1年をかけ商品開発、昭和49年に「サンメンバーズホリデークラブ」を
発売しました。数あるサンメンバーズの中で最も古いクラブ。

他のサンメンバーズには無い、継続会員がある。年会費ではなく継続料を支払う事で継続年数相応のチケット
が送られる。例えば個人会員(5年継続)であれば5年分の全日券100枚と平日券50枚が一度に送付される。
有効期限が長い分、使い勝手は良いかもしれない。

ちなみに旧デザインの会員カードの色は下のような緑色で、文字を白抜きとしたデザインでした。

 

●流通市場におけるサンメンバーズホリデークラブ


発売口数の多さや、新規販売時の購入者が高齢になってきている事、新規販売価格自体の安さなどなどから、
流通市場で売りにだされる事が多い
。一方で年会費の安さ、取得費用の安さ、宿泊券の枚数が丁度使い切れる数
である事などから、売却数に比例して購入者が多く、流通市場では頻繁に取引が行われている。

その他リゾートクラブの入門として購入される場合やエクシブ購入前にお試しで購入されたり、
エクシブオーナーがホテル予約成約率を高めるために追加購入される(いわゆる買い増しの)場合もある。

特に口数の少ないRTCC未加入のホリデークラブの場合は、RTCC年会費8,640円が不要になり、年会費が劇的に安いため、
希少性もあって、適正価格の売却情報があるとすぐに取引が行われる。

流通市場での購入価格の目安は「預かり保証金額+10万円以下

取引される会員権代金に含まれている「預かり保証金」は満期以降の退会を条件に、リゾートトラスト(株)より
返還(返金)を受ける事ができる。
そのため売り主にとっては預かり保証金額よりも手取り金額が高くなければ流通市場で売りに出すメリットが無い。

よって流通市場での購入価格の目安は 「預かり保証金+10万円以下」の範囲で、預かり保証金に近い価格になる程
値打ち感がある。

ちなみに、ホリデークラブの預かり保証金額の最低額は個人会員で30万円。一般的に流通している商品の場合
額面は35万円もしくは40万円が多い。


ホリデークラブとは オーナーズクラブとは ファミリークラブとは
ワールドタイムシェアリングシステムとは センチュリークラブとは エグゼクティブクラブとは
ワールドホリデークラブとは タイムシェアークラブとは エクセレントクラブとは

●会員権の内容 ー サンメンバーズホリデークラブ ー
  全日券 平日券 シティ券 年会費(円)
 個人会員 20 10   16,200 

 個人会員・RTCC加盟

20 10   24,840 

 個人会員(3年継続)

20 10   54,000※
 個人会員(5年継続)@会員番号01で始まる 20 10   86,400※
 個人会員(5年継続)@会員番号02で始まる 20 10   108,000※
 家族会員 40 20   27,000 
 家族会員・RTCC加盟 40 20   35,640 

 家族会員(3年継続)

40 20   86,400※
 家族会員(5年継続) 40 20   151,200※
 法人会員 60 30   43,200 
 特別法人会員A 180 90   129,600 
 特別法人会員B 120 60   86,400 
 個人平日会員   20   10,800 
 家族平日会員   40   21,600 
 法人平日会員   60   32,400 
※年会費ではなく継続料。継続期間更新時に支払う。
5年継続会員は継続無しの会員へ変更可能。
1〜4期の平日会員は利用規定が若干異なり、1〜4期の平日会員は特別営業期間の平日を平日券で利用可能。
また、1〜4期の会員は全て継続会員であり、年会費制に変更した後でも、3年もしくは5年毎に継続手続きが必要。


Copyright (c) 2002 - 2012 asre Co.,Ltd. All Rights Reserved